企業理念
「子のものを 子がこしらえる イスペット」
〜 Thinking, Presenting and Making 〜

イスペットは、創業以来、技術・家庭科の教材メーカーとして、教育産業を通じて、 次代を担う子どもたちを育成することを目標にしています。

イスペットの社名は、「実習題材の椅子」をかたどった「イス印」ブランドに由来しています。 イス印の工作用具は、世界で有数の金物の生産地、兵庫県三木市において生まれ、 1958年に文部省(現文部科学省)が科学技術振興のために、技術・家庭科を設置した際、 イス印の工作用具だけが、文部省教育用品審査を合格しました。 その後、「いつまでも愛されるイス印」の願いを込めて、「イスペット」となりました。

川柳作家の椙本紋太(スギモト モンタ)がイスペットの「すがた」を詠んだ「子のものを 子がこしらえる イスペット」には、 「イスペットは、子どもたちの創造性をはぐくみ、可能性をひきだすために、よりよい教材を提供する使命がある。」という想いが込められています。

私たちイスペットの社訓は、「お客を敬まい 社を愛し 己れを慎しむ」です。
「お客を敬まい」とは、顧客を満足させる、質の高い製品とサービスを、最適な方法と価格で提供することによって、社会に貢献すること。 「社を愛し」とは、仕事と仲間を愛する、いきいきとした会社であること。 「己れを慎しむ」とは、常に、人格形成と能力開発に努め、人間として成長することです。

私たちは、次代の教育に即応した的確な教材の開発に専念することによって、いささかでも世界の教育に貢献できることに、 無上の喜びと責任を感じ、誇りをもっています。

「イス印」ブランド

Copylight(C) 2005. ISUPET CO.,LTD. All Rights Reserved.